人の蔵 和室 床の間 床柱

先週末 住まいの相談会に ご来場 ほんとうにありがとうございます。

週明けより お客様の 御自宅訪問 現場調査 設計打ち合わせと

数件の新しい仕事がスタートしています。

トイレなどの水廻りリフォーム・鉄骨3階建てのリノベーション

住宅新築のご相談・・・

ベンリマン部門は TV付インターホン交換 配管補修 棚の取り付け 等々

スタッフ全員 フル回転常態です。

さて画像は 常設展示場の和室です。

10帖のスペースに2帖の欅の板を敷 (バリヤフリー?で平床)

残月床としています。 残月床のゆわれは、 茶人 千利休が聚楽第の中に

屋敷を構え、その屋敷の中に残月亭とゆう 茶室を作りました。

なぜ残月かとゆうと、 豊臣秀吉が残月(明け方の月) を賞でたと伝承

されているからです。(ネット検索より)

和室の仕様は 天井 土佐和紙   けいそうじゅらく壁 床柱 えんじゅ 

落しがけ 秋田杉 襖 土佐和紙(炭いり) 人の蔵 こだわり空間の一部です。

ありきたりの住宅展示場では、感じられない物が、きっとあると思います。

是非一度 ご来場を・・・・・
b0185592_1015417.jpg

[PR]

by studio_seiwa | 2009-09-02 10:05

『マッピー』用ボーダー

<< タイルの洗面台 常設展示場 和の空間 >>