人の蔵 セルロースファーバーの家

赤田の家  主要構造部の詳細説明です。
柱KD桧  筋交い米松105*45 シングル+構造用パネル  
この仕様で壁倍率2+2.5=4.5倍
金物埋設ホールダウン金物 HD33 ・ ビス止10・ 筋交いPL止め。

上記のような 筋交い+構造パネル が標準施工です。 
一棟ごとに壁量・N値 計算しています。

余裕のある構造です。 家を建てる時是非この数値を確認してください。 

数年前、世の中を騒がせた 構造偽装問題の時  鉄筋職人さんたちは、
このマンション えらい鉄筋が少ないぜ 
超経済 ローコスト設計 業界では有名だったそうです。

50年100年200年 ともつ家は 主要構造部分にしっかりとした材料 余裕のある 
部材を使っているからです。

見えない部分こそ 重要ですよ。  
b0185592_9423947.jpg

 
[PR]

by studio_seiwa | 2009-06-03 09:49

『マッピー』用ボーダー

<< 硝子の造形 セルロースファイバー断熱材 下... >>